読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAT-TUN担がキスマイの「I Scream」コンサートを見た

「後ろの4人」
ジャニーズ事務所に所属して20年以上たつ中居さんですら、かつて見たことがないほど格差があるグループ
それが「Kis-My-Ft2」だ。

いや、格差が「あった」と言う表現が今は正しいだろう。
「後ろの4人」は、かつての影の薄さが嘘のように個々に活躍をし、単独で番組のゲストに呼ばれるなど日々活躍が華々しい。

今の活躍は、中居さんがプロデュースをした「舞祭組」の存在があったからだと言って間違いないだろう。

ふぅ、真面目に書いて疲れた。
ここからは少し文を崩そう。

そんなエースメンバー以外の個性も発揮されたキスマイのライブは
どんなものになっているかが気になって
最新ライブのBlu-ray「I Scream」を購入した。

 

CONCERT TOUR 2016 I SCREAM(Blu-ray盤)

CONCERT TOUR 2016 I SCREAM(Blu-ray盤)

 

 

今回はこの「I Scream」を自分の感想など
駄文を記事にさせて頂きます。

 

キスマイのライブDVDを買うのは
スノードームの約束コンサート以来である。
当時は「舞祭組の出番超面白いだろw買うしかねぇw」というほとんどノリで購入したため
知っている曲と、演出が派手なもの以外は
流し見という
本当にもったいない見方をしていた。
ほとんどこのアイスクリームがキスマイライブの初見です。

ちなみに、普段はKAT-TUNファンで
演出厨であり、中丸の顔より
中丸の考えた演出を映してくれという
生粋のKAT-TUNコンサート厨である。
(ネタにするのは愛の裏返し)

なので、今回はこのコンサートツアーの
演出やコンセプトを中心に書いていこうと思います。


・コンセプト

このコンサートのコンセプトは、メンバーの北山氏曰く
「夏」である。
その発言通りセットリストも夏を意識させるサマーチューンが多く
衣装も夏らしい華やかなもので視覚、聴覚でも夏を感じさせることに成功していると言えるだろう。

また、二階堂氏がコンサート終盤に「夏の思い出できましたか?」とファンに問いかけている。
この発言を聞いたとき、今回のコンサートは「夏のイメージ」をコンセプトにしたのではなく
「夏の日常」をコンセプトに作成したものなのだと気づかされた。

コンサート終盤、本編最大の見せ場である
和太鼓をキスマイとジュニアが披露する流れは
キスマイがJr.時代にバックについてた
KAT-TUNの影響が強く出ているな~と感じたが、KAT-TUNよりもこの和の演出が違和感がなかった。
むしろ、KAT-TUNより自然な流れだと感じた。
これは何故か?

和という演出は、強烈な印象を与え
舞台演出として華やかで
ジャニーズアイドルがパフォーマンスに用いれば、ハズレることはほぼないと言っていいだろう。


KAT-TUNの「NO MORE PAIN」というコンサートにも和の演出がある。

 

KAT-TUN -NO MORE PAIИ-WORLD TOUR 2010[通常盤] [DVD]

KAT-TUN -NO MORE PAIИ-WORLD TOUR 2010[通常盤] [DVD]

 

 

亀梨和也の妖艶さと上田竜也の天女のような美しさは素晴らしいし、ジャニヲタなら
だいすきっ!となる演出だ。
(さぁ、今すぐポチろう。上田竜也マジ天使)


f:id:p5p5:20170110011557j:image

 

(画像はイメージです)

 

しかし、それは「和の演出」を切り取り
一つの演出として見る場合だ。

この和の演出が「NO MORE PAIN」のアルバムから浮いて見えてしまうのだ。

和の演出は華やかな分、コンサートの中心となるアルバムと色が違うことがあるため調和が難しい。落とし込みが難しいのだ。

 

 


だが、キスマイはこのコンサートで
調和が難しい和の演出をコンセプトにしっかり合わせてきている。

繰り返し言うが、このコンサートは「夏の日常」を感じさせるのがコンセプトだ。

キスマイは和の演出を日本の夏祭りとして表現している。

祭りと言えば出店や浴衣など多くのイメージがあるが
祭りの雰囲気を作り上げる太鼓というビジュアルとサウンド。
日本の夏の風物詩である花火をこの終盤に持ってくることで
観客に、今まで自分が過ごしてきた夏の日常を感じさせることに成功しているのだ。

 


f:id:p5p5:20170110011813j:image

 

(KAT-TUNの花火

こちらは夏の花火ではなく革命の花火である。)


他の演出でもキスマイジェットの水浸しはプールや水遊びを彷彿とさせる装置であったし
全体的に見てコンセプトをしっかりと決めて
作り込んだな。という印象を受けた。

デビューから5年がたち、自分たちで演出も手掛けるようになったコンサートで
この完成度は素晴らしい。

今後も、しっかりと作り込んだものを披露して欲しい。


と、長くなったが感想はこんなもので終わらせて頂く。


まだ一回しか見てないが、完成度が高く素晴らしかったので、すぐに書きたくなってしまった。
足りない部分だらけではあるがまた追記するかもです。

 

硬い文章になってしまいましたが、今後はもう少し柔らかく書くつもりなのでよろしくお願いします(о´∀`о)